ヒスイの勾玉ペンダントトップ & チタンネックレス 作ってみました ♪

大分県のお得意様からのオーダー !

 

「新しいアイデアがでるように、翡翠の勾玉が欲しい」との事。

 

う~~~~~~~~ん 御意 !!

まがたま【勾玉・曲玉】

わが国の古代の装身具の一種。巴(ともえ)の一片に似た形で、穴があり、ひもを通してくびなどに掛けた。

健康・長寿の石とも言われる翡翠

十年来のお得意様の彼は、元高校球児でガタイが良い。

いや、健康体。

現在の彼は、大分県にて毎日10キロのランニングを行い、絵の創作活動を行う人生の先輩。

時折、創作活動に合間に “石” を送ってくれと電話がくる。

この度は、毎朝のランニングにつけてもらい、翡翠とシンクロして新しいアイデアが浮かぶようにと、勾玉ペンダントを提案してみた。

 

 

1,穴にシルバーチェーンを通して仮組

これからの暑い時期にランニングするのを考慮して、身体に優しいチタンのチェーンを用意。

翡翠の勾玉の穴が大きいので、シルバーのチェーンを穴に通し、丸管で仮留め。

 

 

2,耐久性を確保するために、丸管の口をロー付け = 溶接いたします

毎日10キロのランニングの振動に耐えるために、シルバーチェーンのつなぎ目である丸管をしっかりロー付けいたします。

 

 

3,汗でシルバーが流化 = 黒くなるので、燻して真っ黒にしてみます

シルバーは黒くなるのが定め。

しかし、大概は真っ黒でなく、こ汚く、いや失礼 ♪ へんてこな黒になります。

若い人が汚れたようなモノをつけているなら、カッコ良い ♪とも言えるが、おっさんが、いや失礼、中年男性が薄汚れているモノをつけても・・・と思ったもので。

よって、ならば最初から黒くしてしまおう。

という事で、薬剤に浸し温度を上げ  “燻し” ます。

 

純度の高いチタンネックレスを通して完成 ♪

後記

アイデアをひねり出す時。

新しい事を行うとき。

私も走ります。

考えるのではなく、ひらめく・浮きあがる・感じるという時を待つために走ります。

 

彼はクリエーターなので尚更かもしれません。

 

石とシンクロして、感じ・覚醒して、0から1を生み出そうとしている気持ち。

理解できます。

 

健康の石 “翡翠” とシンクロして、九州の大地を踏みしめ、また新たに創作活動を続けてくださいませ。