カルティエリング・サイズ直しの注意点 ~ブランド・マリッジリング編~

狛江市からご来店のお客様のオーダー

「カルティエのマリッジリングなんですが、サイズ直しできますか ?」

 

おまかせ アレ !!

 

 

ブランドジュエリーは リング内側の文字彫りが凄い ?

カルティエでもティファニィーでもサイズ直しの工程は、ノンブランドの品と変わりません。

しかし、ブランドジュエリーぱサイズ直しが非常にしにくい・やりにくい・不可能なものが多数ございます。

この度のカルティエマリッジリングは、甲丸リング = かまぼこリングと言われているものなので楽勝 ♪

だが、内側を拝見いたしますとCartierのブランドロゴはもちろんの事、シリアル番号=製造番号・材質・記念日の刻印でびっちり。

通常マリッジリング = 結婚指輪には、結婚式の日・婚約の日・プロポーズをした日etcを刻印いたします。

例えば本日、秀樹様と真理子様が契りを結んだとした場合。

メンズ = 御新郎様のリングは、2018,7,26 M to H と刻印するのがスタンダード。

レディス = ご新婦様のリングは、2018,7,26 H to M と刻印するのがスタンダード。

上記の刻印は、従来の打刻用のマシンで刻印いたします。

レーザーや手彫りで M ♡ H と to をハートにするなんてラブラブ仕様にする時もあります。

筆記体もあります。

となりますと、ブランドロゴ・シリアル番号=製造番号・材質・2018,7,26 H to M と刻印されますと、内側一周すべて文字だらけとなります。

そもそも指輪のサイズ直しは、切断して広げる場合は 地金(金・プラチナ・ホワイトゴールド)の塊を足して、ロウ付け = 溶接。

そしてポリッシュ = 磨き で完了となります。

 

しかし、切断する部分がないとなります。

このような場合は、サイズ直しをしたのち、文字を彫り直しとなります。

まとめ

ブランドリングだからと言って加工代金を上乗せする事は一切ございません。

あくまでも加工代金は難易度と作業時間によって算出されます。

が、ブランドジュエリー・リングのその多くは、上記のように内側は文字だらけ。

ダイヤが入っているブランドリングの場合は、更に 0.31 とか ダイヤモンドのキャラット数まで刻印されます。

よって、サイズ直し後の切断・溶接した部分の、文字を彫り直す料金が別途かかります。

 

我々は、なるべく手彫り・レーザー彫りされている部分を避けて、サイズ直しをして差し上げたいと考えておりますが、そううまくゆかない事もございます。

 

以上、カルティエはもちろんの事、ティファニィーのデザインリングはサイズ直しが困難なシリーズがあるため、ブランドリングのサイズ直し・加工は、事前に現物持参の上ご相談くださいませ。

カルティエ3連リング・サイズ直しの注意点>>