明日食べるものがない。

 

子供たちがお腹を空かしている。

 

生か死かを分ける一大事。

 

そんな時は売れるものを売り、生きる・明日へつなぐ。

 

至極もっともであり、そういった理由であれば亡くなった親も、先祖も本望だろう。

 

 

が、しかし。

わたくし、平成9年に古物商の許可を公安委員会に頂き、製作のかたわら買い取った貴金属の額は数千万ちょっと。

その買い取った貴金属や宝飾品を溶かし、24金にする。

また、” 市 “ というツワモノが仕切る世界に転売する。

 

それが買い取り、リサイクル・循環システムである。

この買い取りという商売は、手間がかからず利益が確保できる。

なにも生産せず、右から左に売買で利益が確定。

これで食えたら、”ものつくり” が、いかに効率が悪いかがわかる。

クールに商売と考えましたら  ね。

 

人間関係・親子関係に合理性を求める ?

いわゆる人生に合理性をはてはめる。

個人の勝手だが、千思万考・多事騒音でもの申すと、この「血・一族・家」という問題・課題に一番遠いのが、合理性である。

 

「死んでしまって残念だが、お金になるのなら話は別」「あっても私自身につけないのだから、お金に換えてなにが悪い」。

真剣にリアクションをするのが辛く・苦しいが、そういうやり取りも何度も、何十回も経験した。

 

しかし、商売と考えたらこの買い取りはウェルカム ♪。

指輪一本製作してお金を頂くのに比べたら、本当に手間がかからず利益が確保できる。

わたくしの仲間でも「モノつくりなんてやってらんねー」と言って、買い取りをメインにした商売に切りかえた者もいる。

金の異常な高値も終わり、現在では、貴金属・ジュエリーの買い取りが減り、ブランドバックや時計の買い取りで食いつないでいるらしい。

良い・悪いではなく、「君とはもうのまん」と心の中でツイートした。

 

この親の遺品・形見を換金するという現象。

この10年位多い。

もちろん少数であるが、「リフォームにお金をかけるなら、売っちゃう」という言葉。

何十回聞いた事か。

自分の甲斐性で購入したモノであれば、もの申すは野暮。

しかし、遺品・形見となれば話は別。

 

「どういう事情かしらないけど、うちでは買い取れない」と断った事もある。

 

商売人としては未熟なアクションではあるが、「嫌なものはイヤ」

が、しかし。

昨今では、いや、昔からあると思うが、自分の欲求のため子供を不幸にする親もいる。

すべての子供たちが親を親と思っているとは限らない。

また、パパが感情の思うがまま、実の娘に暴力を振るう。

そんな悍ましく、想像のできない現象を受けた子供たちもいる。

その現象を味わった者からしたら、遺品・形見など “ 何 ? “ という思考も心を寄せられる。

当然なのかもしれない、と、そう想う事もできる。

 

また、親子関係・人間関係は「時代の作った幻」という理念があるのなら、私如きがもの申すのは失礼なのかもしれない。

 

だが、人生も商売も未来につないでこそ、継続・継承してこそ、文化・歴史という一面もある。

一族というものも、またしかり。

現在は過去が作り、未来は現在が作る事だけは事実。

 

受け入れ・許し・溶かし、感謝して、そして未来に繋ぐ。

そのアイテムがジュエリーという宝飾品・貴金属であって欲しいと、たかが職人風情が想う昨今。

 

消化・消費、浪費の真逆を突き進む、青い昭和の職人ここにあり。