真珠ネックレス・簡単豪華の自分でリフォーム

世田谷区からのご来店のお客様からのご依頼。

 

「カジュアルに使えるロングネックレスにして ♪」

 

御意!

トラディショナルな冠婚葬祭用の真珠ネックレスを1mを超えるロングネックレスへ

母からもらった本真珠のネックレス。

高価な物だしありがたいのだけど、そう頻繁には使用しない。

良く聞くお話。

ならば、お洒落なロングネックレスにいたしましょう♪

 

ってことでお客様持参のカット水晶に、同じく水晶丸珠2mm+キューブカットの水晶を当店でご用意して、安価に豪華に製作。

どうせロングにするのなら、モデルさん仕様 ? の1メートルupにいたしましょう ♪とご提案。

 

◊まずはバラバラにしてガムテープの上でセンター出し

真珠のネックレスは、金具付近からセンターまでで0.5mm程度の大きさの違いがあります。

例えばデパートや宝石店で「7mmのネックレスです」と言う人がいたら、それは勉強不足の人。

「なな・ななはん=7mm~7.5mm でございます」というのが正解です。

いわゆる “0.5mm差のグラデーション” ともいえますね。

上記画像のように、きちんと組まれたネックレスの場合は問題ないのですが、糸が切れてしまいバラバラになった場合&デザインネックレスを製作する場合は、転げ落ちないようにガムテープに一つづつ貼りつけて、まず大きいサイズものをセンターにならべ → 小さいサイズのものを金具付近から並べ直します。

・センター=中央の珠を決定いたします・

熟練者なら珠の差が0.2mm以上あると、肉眼で判別できます

 

・このときにお客様がご持参されたカット水晶珠を間に入れてゆくのですが、規則正しくそればっかりでは野暮ったいので、キューブ=サイコロ型の水晶を入れてみました。

・そこに水晶の2mm丸珠を入れて、ステーションタイプにいたしてみました。

・0.32mm~0.4mm位のステンレスにコーティングされたワイヤーを通します。

・通常販売されている冠婚葬祭用の本真珠ネックレスの長さは42㎝低度。

そこに、このように水晶珠などをいれてゆくと、1mを超えるロングネックレスになります。

球の寸法合わせ=組み順さえ終われば、簡単! 豪華!!大変心

 

完成品のお写真もしくは、装着画像をお見せいたしたいのですが・・・

撮影するの忙しくて忘れてしまいました。(;^ω^)

皆さまもどうぞお試しくださいませ。