10金(K10)リング・指輪(カット入り)・サイズ直し

ピンクゴールド10金(K10)製カットリングの切断画像正面 ピンクゴールド10金(K10)製カットリングの切断画像斜めから

24金・純金に混ぜ物をして合金を造ります。

アメリカは14金が多く・ヨーロッパの一部では9金・10金が存在いたします。

日本では18金が主流ですが不景気な昨今、日本のジュエリーメーカーもコストを落とし売価を下げるため10金のリングを製作することも増えました。

18金は 18÷24=0.75 金の含有量が75% ※イタリー製は750と刻印されているものが多いです。

10金は 10÷24=41.66 金の含有率が約42% ※ヨーロッパ製品を扱うセレクトショップが増えたせいか最近多いです。

混ぜ物の多い金はサイズ直しが・・・。

金の含有量が約42%というと、4割の金と6割のその他金属で構成されている合金。

金が半分以下の貴金属となります。

結論、扱いにくいのです。※個人の見解ですが・・・。

ま、慣れてないので塩梅が、加減がつかみにくいのです。

 

溶接(ロー付け)用、酸素バーナー画像 金の含有率が低いと低温で溶けてしまうので、いつもの18金のつもりでバーナーを当てると、さあ大変 ! 溶けて無くなってしまいます。

よって慣れていないものに火を当てる場合は、始めちょろちょろなかぱっぱの如く、探り・探りやってゆきます。

 

 

588321_3疲れます。肩こります。難しくはないのだけれど 気 使います。

しかし、姫様・お客様が「大切なものなので・・・。」と おっしゃいました。

 

御意 !!! 頑張ります。

142599

 

完成

ピンクゴールド10金(K10)製カットリング加工後の正面アップ画像 ピンクゴールド10金(K10)製カットリング加工後の斜めからのアップ画像

キレのよい彫りまで入っている指輪ですが、頑張りました。ベスト尽くしました。

しかし、姫様!「サイズを大きくして !!」と言われたら「う~~ん」と申したかもしれませぬ。

と、心の中でつぶやきました。

394696

小田急線・喜多見駅 徒歩五分 ジュエリーリフォーム・ジュエリー修理の店

ジュエリー工房 KAZU へのアクセス>>

i_aclb5_70

当店オフィシャル・ホームページ

kazulogo

>IN<