指輪が抜けない ~指輪切断からの新サイズに加工編~

長年つけっぱなしで指輪が抜けない。

そんな状態は、指のサイズより指輪のサイズが2番以上小さいとも表現できます。

このような場合は指輪を切断して、指輪のサイズを2番以上広げる必要があります。

取れなくなった指輪の切断後の画像

※現実は4番以上、サイズアップするのが通例。

 

MRI検査をする場合は、指輪を外す必要があります。

近年、このMRI検査のために指輪を切断して外す方が増えました。

その「切断からの新サイズに加工」の流れをご説明いたします。

凹んだ指が戻るまで数ヶ月かかることがあります

過去パンパンに膨れた指から、相当数の指輪を切断して外してまいりました。

その指輪をしていた指は、皆一様にかなり凹んでおります。

この長年締め付けられた指の凹みが綺麗に回復するには、かなり長い期間がかかります。

高齢者と言われる方は、指輪切断から二か月くらいではまだ凹んでいる場合がございます。

よって新サイズに加工するまでの工程は下記の様となります。

1, ご来店頂きます。3分くらいで完了

リラックスして手のひらをお出しくださいませ。

3分もかからぬ時間で指輪を切断して外します。

 

失敗はいたしません。百発百中です。

ご安心くださいませ。

2, 切断した指輪をお預けの上、ご帰宅くださいませ

長年締め付けられた指の凹みが綺麗に回復いたすまでの間に、切断部分の研磨と指輪クリーニングをいたします。

指輪切断した部分をサイズ直しのために整える

切断したピンクの部分を、ヤスリがけしてを整えます。

指輪の汚れ。長年指から抜けなかったため、酷く汚れた指輪石座部分の画像

指輪上部のダイヤが留まっている部分(石座)をご覧ください。

垢 ? 長年の使用による汚れがビッシリ ! これではダイヤ特有のファイア(輝き)がでません。

また、ここまでくると超音波洗浄機でのクリーニングだけでは綺麗になりません。

25年以上の経験からのスペシャルなクリーニングを時間をかけて行います。

3, ご来店くださいませ サイズ計測

指の凹みが綺麗に回復いたしましたら、サイズを計測いたします。

指が凹んだままでは、正確な指のサイズを測定できませんので、じっくり回復をお待ちくださいませ。

※二週間~四ケ月。個人差がございます。

サイズ測定は5分位で完了いたします。

指輪サイズゲージ画像

サイズゲージは1番刻みですが、14.5番とか0.5番単位で微調整もできます。

緩め・ピッタリ・キツメ等、ご相談の上決定いたしましょう。

4, サイズ直し作業に入ります

新サイズ決定から、7~14日間位で加工完了いたします。

※混み具合によって変わります。

5, ご納品

ピカピカに磨いた上でご納品いたします。

職人より

長年指輪に締め付けられパンパンになった指。

健康・健全な状態とは言えません。

過去、このような状態で怪我をされた方も報告されております。

3回のご来店と、指の凹みの回復までの時間もかかりますが、ほっといて良い訳がございません。

指が紫色になって痛みが発生してからでは遅いかと存じます。

ご相談くださいませ。

上記1~5までの工程を、約25年もいたしている当店。

お任せくださいませ。

1~5までの工程をパック料金にいたし施工いたします。

料金

下記の切断部分の幅で変わります。

指輪サイズ直しする場合のリング幅画像

お問い合わせくださいませ

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

受付け時間 11:00~18:30

小田急線喜多見駅からの詳細地図は >>

切断した指輪がご不要な方。現金買い取りいたします

  • 工程 2 完了時に買い取り金額をお伝えいたします。
  • 切断代金はご請求となります。

お問い合わせくださいませ

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

受付け時間 11:00~18:30

小田急線喜多見駅からの詳細地図は >>

加工代金一覧 >>