ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換

世田谷区からご来店のお客様からのオーダー

「直りますか ?」

ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換前

お任せ下さいませ !!

ティファニー・エルサ・ペレッティ

刻印を確認すると、”PERETTI”。

バブル時代流行した”オープンハート” “ビーンズ”の生みの親・デザイナー。

エルサ・ペレッティ

1974年にティファニーに加わったエルサ・ペレッティは、ジュエリーデザインの世界に衝撃を与えました。

初のコレクションは発表した当日に完売し、一夜にしてスターリングシルバーをラグジュアリーなジュエリーへと高めたのです。

引用: ティファニー・エルサ・ペレッティ>>

 

食事の前にティファニーに寄り、このエルサ・ペレッティの作品を女性にプレゼント。

バブル時代、よくある風景でした。

「シンプルであること、それがスタイル。」

引用: ティファニー・エルサ・ペレッティ>>

"ティファニー・エルサ・ペレッティ"シリーズ ブレスレット

今でも人気の “ティファニー・エルサ・ペレッティ”シリーズ。

作業内容 “引き輪交換 + ロー付(溶接)”

超一流ブランドのティファニィーと言え、引き輪は消耗品です。

18金の引き輪と言え、引き輪の中にはコイル = バネが入っており劣化いたします。

また、ひっかけて引き輪を伸ばし壊してしまう事もよくある事。

この度の作業は、新規で引き輪をご用意して、ロー付けする。

特に珍しくはない作業となります。

ただ、いつものようにブランドロゴの保護を完璧にする。

です。

お客様のリクエスト:「今のより大きい引き輪をつけてください」

着けやすいようにと、ひとまわり大きい金具をとのリクエスト。

ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換・引き輪6mm

6mmの18金製引き輪をご用意。

ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換前-2

引き輪と”PERETTI”のロゴが刻印されたプレートの間の丸管を切断。
引き輪を外し → 新しい引き輪を付けロー付け。

完成

ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換後-1
ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換後-2

ティファニー18金製ブレス・引き輪(留め具)交換後-3

職人より

昨今の一流ブランドのネックレス・ブレスは、留め具も全体のデザインの一部として、大きいものが付いている場合が多いかと存じます。

しかし、この度のティファニィーのブレスの引き輪は、5mmか5.5mm位です。

ティファニィーオリジナルの引き輪かどうかはわかりませんが、5mmの引き輪は装着しずらい。

という声を良く聞きます。

 

細めのネックレス・ブレスにはバランスも考慮し、大体この大きさの引き輪がついているのが現実です。

また、製造コストも考え、細い8金製のネックレス・ブレスには6mm引き輪はあまり使われておりません。

1mm大きくなると、金額も高くなるからです。

 

しかし、たった1mm大きな引き輪を付けるだけで、格段に装着しやすくなります。

特にブレスレットの場合はてきめんです。

お試し下さいませ。

お問い合わせください。

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

受付け時間 11:00~18:30