天然石材料を預かりペンダントを製作

地元のお得意様からのオーダー!

「これで、ブローチかペンダント作って」


御意 ♪

では、ペンダントお作りいたしましょう !

お任せ あれ♪

ネックレス部分の天然石材料をお預かりいたします。

石・珊瑚・真珠をしこたまお待ちのお客様。

ネットショップでお買い物♪ というより仕入れと表現できるほどの量をお持ちの方。

仕入れては、当店に持ち込みされ、私が作る。

今まで相当な数、お作りいたしました。

 

その一部をご紹介いたします。

ぶつぶつ穴の開いた珊瑚。

石英? メノウ? よくわかりませんが石。

バチカン部分を作るための白蝶貝の丸珠。

枝部分の珊瑚。

アクセントをつけるためのブラックスピネル。

先ずはネックレス部分の組み上げ。

中にステンレスのワイヤーを通します。

白蝶貝でバチカンを作り、トップをぶら下げます。


迫力のあるトップが付きました。

クラスプに珊瑚を付けます。

クラスプ = 留め具は、シルバー925製にロジウム処理がされたもの。

ピカピカで良いのですが、メタルっぽくて色気無し。

よって、ワンポイントで珊瑚を付けました。

もちろんお客様が仕入れてきました。

セミプロと言っても良いかも。

 

しかし、これ一つで、温かみと高級感がでました ♪

お値段はおいくら万円?

材料はお客様のお持ち込み。

私がご請求するのは、(手間賃 = 加工代金) + (留め具 = クラスプ代金)です。

 

お客様自身、何度かクラスプを仕入れたのですが、どれもおもちゃ。いや、とてもチープなもの。

金メッキは安っぽい。ロジウムは薄く雑なものが大半でした。

よって、いつも加工代金+クラスプ代金のご請求となります。

 

加工と言っても、ワイヤーを通し+クラスプを取り付けるだけなので数千円です。

私がご用意するものが、ほぼほぼ無いので、売り上げとしては "てんてんてん" となりますが。

しかし、材料をお預かりする時、お客様の目の前で仮組みをいたします。

仮組みの結果を見られて、ご依頼・契約締結となります。

 

この仮組みの時、お客様がとてもうれしそうな笑顔になります。

私と同年代とお見受けするお客様なのですが、まるで少女のようなお目目になります。

このやりとりが癖になります。いや、息抜きになるのかもしれません。

目の前の鉄板でステーキを焼いている職人と、お客様の関係とも言えますね ♪

 

人のお役に立てて、人が喜ぶ。

人としても、クラフトマンとしても、至福とも言えます。


また、私、立派なオジサン。

流行にもお洒落な事に疎くなるお年頃。

 

そんな私に、「これが今人気の石」「このデザインが最近のトレンド」など、お客様がアクセサリー業界のお話しをして頂けます。

これがとても勉強になります。

商売のヒントになります。

 

なので、お持ち込み製作喜んで ♪となります。

大切な人が残した水晶。

想いでの珊瑚。

お土産として頂いた白蝶貝。

そんな、プライスレスなアクセサリーをリメイクいたします。

 

水晶のネックレスを念珠にリフォーム

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

受付け時間 11:00~18:30

小田急線喜多見駅からの詳細地図は>>

 

前の記事

年末年始営業のご案内